FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2010/02
≪01  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28   03≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんばパークス
先月、1月16日のウインターコースで話にでた、なんばパークスへ行ってきました。

concept_14.jpg

〝なんばパークスは、大阪府大阪市浪速区難波にある「緑との共存」を大きな

テーマとする大型商業施設。

1998年に解体された大阪球場の跡地に、南海電気鉄道が「未来都市なにわ

新都
」をコンセプトとして再開発を実施。

建物はキャナルシティ博多や六本木ヒルズを手がけたアメリカ人のジョン・

ジャーディ(Jon Jerde)の設計。

2003年10月7日に第1期部分が、2007年4月19日に第2期部分が開業。

施設全体は、大きく分けて「なんばパークス Shops&Diners」(商業棟)および

「パークスタワー」(オフィス棟)の2つにより構成されている。

地上10階、地下3階建て。地上部分は段丘状に建てられている。

植栽を多用し、屋上部分は「屋上庭園 パークスガーデン」として3階から9階まで

緑が広がる1期部分の屋上庭園には、約235種類、約40,000株の植物が植えられている〝

-Wikipediaより抜粋-


要するに、階段状に造ったショッピングセンターの屋上を大規模緑化した建物

だということです。


階段状に地上からアプローチできるとう面では、見た目も一般の屋上緑化された

建物とは違い、地上との繋がりがあるように感じられました。

より自然な感じでしょうか。

IMG_0520_convert_20100218114611.jpg


土の厚さは、平均55cmで、最高でも80cm、軽量土壌をメインに表面を腐葉土で

覆ってありました。

IMG_0523_convert_20100218115810.jpg

4,5メートルの高木も沢山植わっており、一番大きな樹木は8メートル位あった

のではないでしょうか。さすがに根元に盛土をしてありましたが。


各階ごと、ゾーンやテーマにある程度分かれていて、段丘を利用した流れもあり

ました。ここは「せせらぎの杜」というテーマでした。

IMG_0528_convert_20100218122653.jpg

IMG_0529_convert_20100218115422.jpg


本当に沢山の種類の植物が植わっていて、多くの草花も綺麗に花を咲かせて

いました。

IMG_0542_convert_20100218122629.jpg


屋上には、芝生広場に滑り台などの遊具があります。

その傍らにはジミー大西作の「天海の輝き」というモニュメントがあります。

IMG_0540_convert_20100218115545.jpg


各所にベンチが設置してあり、暖かい日の休日にここで読書でもしたら

気持ち良さそうです。

IMG_0536_convert_20100218191052.jpg

都心なので、ビルに囲まれていますが、上層階では景色も遠くまで見えます。

IMG_0533_convert_20100218191029.jpg


建物自体の形も曲線を描いていて、南北を貫いた吹き抜け(?)を覗くと、

緑が溢れているようで、美しく、建築物と植物が調和しています。

IMG_0539_convert_20100218115528.jpg


ここでは、ガーデンセミナーなども時々開催しているので、機会があれば

参加したいと思います。
スポンサーサイト
京都移住
緑の家学校ではすでに、アーリースプリングコースが始まっていますが、

実は私、先月下旬から京都へ移住してしまいした。

今までは、静岡県浜松市から月に2回通っていたのですが、

これからは京都から…

というわけにもいかず(時間はともかく交通費の問題)

休学させてもらうことにしました。

予定では、来年のアーリースプリングコースには参加できるようにしたいです。


ですので、これからも【緑の家学校で学んでみたいけど、どんな授業をしているのだろう?】

という方々の為に2009年度の授業を振り返ってみたいと思います。

もちろんこれは、自分が再度理解認識する為の行為でもありますが。


また主に京都、関西地域のエコに関する情報なども綴っていこうと思います。
1月16日 w⑥『多種の緑化システム、室内緑化、エコプランつと緑の効用』
1月16日の第2講座は、国土交通省など国の仕事も数多くされいる

屋上緑化のエキスパート緑花技研藤田茂先生です。


都市の中の緑の効果というキーワードを軸に、屋上緑化した場合の植物の種類による温度変化や

条件のよくない場所での植物の必要成長環境などなど内容盛り沢山でした。


室内緑化に耐える植物の必要照度リストの中に、200ルクスでも成長する植物にポトスが載っていました。

僕もポトスを室内に置いていますが、確かに強い!

それほど日当たりのいい場所ではないのですが、元気に育っています。


建物の中(吹き抜け)の緑化は京都の町家の坪庭にも通じるものがある↓

IMG_0508_convert_20100203232829.jpg

屋上緑化や室内緑化は、これからの都市には必要で二酸化炭素の排出量削減という時流の中で

もっともっと伸びていく分野だと思いました。

この分野はさらに勉強していく必要があると僕自身考えさせられました。

1月16日 w⑤『既存樹木を生かした環境共生型集合住宅』
大分、間が開いてしまいましたが、1月16日に新年最初の授業が行われました。

講師は、鳥や虫も共に棲める豊かな環境づくりを行っている造園家で

㈱愛植物設計所山本紀久先生です。

先生はこれからの造園家に求められることや環境づくりの大切さなどを話されました。

また最近の施工として、愛媛県にある介護老人福祉施設あさひ苑を事例とし紹介してくれました。

IMG_0506_convert_20100203232745.jpg

街中にはコンクリート造りの箱で味も素っ気も無い老人ホームに詰め込められて、

日々の楽しみもなく、なんとなく長生きさせられている老人が多い中で、

こんな素敵な場所で気持ちのいい空間で余生を送れれば、どんなに幸せでしょう

こういった素晴らしい施設を設計する際のポイントを教えてもらうことができたのも有益でした。
publicity
プロフィール
昨年まで緑の家学校1年コースを 受講していましたが、2010年1月より 日本庭園の勉強の為、京都へ。現在は休学中。 環境に配慮したエコな庭師を目指し 日々精進しております。

massy

Author:massy
FC2ブログへようこそ!

最新記事
publicity
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
環境スクール
publicity
ちゃり王
有機農業…Sp
家づくり…Es
庭づくり…S
自然エネルギー…A
植物のちから…W
人のつながり…Es
publicity
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。